HOME 会社概要

ABOUT会社概要

  • 災害時での『命のテント』とアウトドアでの『絆のテント』
    双方の魅力を多くの方に伝えていきたい

    私は子どもの頃、登山家だった祖父とよく山登りやキャンプに出かけていました。古い白のクラウンに、何十年も使い込んでいるテントを積んで出かけ、祖父と一緒に設営して、飯ごうでご飯を炊いて…。そんな他愛もないアウトドアの時間が大好きで、今でも大切な思い出になっています。

    そんな私が大人になって、私が海外ニュースで「テントサイル」の存在を知ったとき、衝撃が走りました。ロンドンで防災用テントとして開発されたという、空に浮くテント。東日本大震災から半年後のタイミングで、「現地の力になれることがないか」と捜しているときに見つけたのです。「これは日本の避難生活を変えるかもしれない」と予感すると共に、もう一つ、胸が高まるのを感じました。この空に浮くテントで、家族や仲間とキャンプをしたら、どんなにか楽しいだろう。かつてない特別な空中空間で、大自然の中で過ごす時間は、きっと子ども達にとっていつまでも忘れられない思い出になるはず…。私が祖父と育んだ大切な時間を思い出し、このテントサイルが、家族や仲間を繋ぐ強い絆になるかもしれない。そう思って、すぐにロンドンのテントサイル本社へ電話をかけ、日本での取扱を交渉しました。当時勤めていた仕事も辞め、テントサイルに情熱をかける日々のはじまりでした。

  • アウトドアでのテントサイルの楽しみを模索し続ける中で起こった、2016年4月の熊本地震。熊本市内にある当社周辺でも皆が屋外での避難生活を余儀なくされ、手元にあったわずかなテントを張って近所の人に提供しました。
    恐ろしい余震の中、テントサイルの中では余震が感じにくいと感謝されたことを、今でも覚えています。

    災害時に体と心を守る「命のテント」、そしてアウトドアなどで家族や仲間との豊かな時間を育む「絆のテント」、その双方の魅力を、これからも多くの方に伝えていきたいと思います。

    まずはレンタルでの体験や、利用者様の声などを見てみて、その魅力を感じてみてください。理屈でなく直感で、テントサイルの魅力を感じられると思います。そしてその良さを実感したら、ぜひテントサイルを手にして、自分だけの使い方を見つけ出していただきたいです。

    テントサイル ジャパン
    城 隼人

会社概要

ショップ名
テントサイル ジャパン
代表
城 隼人 (ジョウ ハヤト)
所在地
〒860-0042  熊本県熊本市中央区小沢町35番地
TEL
096-328-1377
FAX
096-352-3467
業種
アウトドアスポーツ輸入商品の販売

代理店

  • エアロスミス【テントサイル北海道】
    合同会社エアロスミス Aerosmith Limited Liability Company
    http://www.aerosmith-llc.com/
    合同会社エアロスミス 本社
    代表 山田 敏也
    〒047-0261 北海道小樽市銭函3丁目23-127
    TEL:0134-62-7351/FAX:0134-61-7761
    小布施スラックライン【テントサイル長野】
    有限会社マイクロスコープ Microscope
    http://tentsile-nagano.com/
    代表 林 映寿
    〒381-0211 長野県上高井郡小布施町雁田676
    TEL 026-247-7500/FAX 026-247-7570
    wakuwaku@tentsile-nagano.com
    テントサイル沖縄
    〒901-2214 沖縄県宜野湾市我如古1-7-8-402 レヨンヴェール
    TEL 090-9785-3413
    kyoda-ueki2012@at.au-hikari.ne.jp
    テントサイル広島
    株式会社フォレストリバー
    担当 三上
    〒720-1902 広島県神石郡神石高原町新免1820
    TEL 0847-89-1007/ FAX 0847-83-0174
    kyoda-ueki2012@at.au-hikari.ne.jp
    テントサイル鎌倉
    〒247-0066 神奈川県鎌倉市山崎2273-1
    TEL 0467-46-0408/090-4222-4372
    tentsilekamakura@gmail.com
Copyright© テントサイルジャパン All rights reserved.